Boku Moku

スギノアカネトラカミキリについて

今、熊野の山で起こっていること。

紀州は古くから「紀州・木の国」と言われ県土の77%が森林に覆われています。

和歌山県内で生産された木材を「紀州材」と言い、昔から貴重な森林資源として活用されてきました。

紀州材は色艶がよく、素直な木で狂いが少ないとされ、強度耐久性にもとても優れています。

しかし、近年林業従事者の減少により、手入れ不足の山が増えたことにより、「スギノアカネトラカミキリ」と言う虫によるスギ・ヒノキの食害が増えています。この食害に遭った木材は「あかね材」と呼ばれています。特に暖かい南の熊野地方で被害が拡大しています。見た目の悪さ(穴・変色)から木材の利用が進まず森林が荒廃し、ますます山から人が離れていく、と言う悪循環を招いています。このままでは先人たちが守ってきた世界遺産熊野の山々はどうなってしまうのだろう?と私たちは疑問を持ち始めました。

虫食い痕も立派なデザイン

​姿は少しユニークだけど、とっても素朴な木

「あかね材」=「BokuMoku」

皆さんは虫がかじったあとのある野菜や形が少しユニークな野菜が市場などで見たことがあると思います。ちょっと見た目は悪いけれど、安いし美味しい、それどころか虫が喜んで食べるぐらいだから安全・安心と購入する人は少なくありません。

「あかね材」も、ちょっと見た目がユニークだけど、強度や耐朽性には全く問題がないという結果が出ています。(和歌山県林業試験場データ)

ならば、虫食いの痕をデザインしてプロダクトを作っていこう!と、BokuMokuは考えたのです。

スギノアカネトラカミキリの生態と

手入れ不足の森林との関係

スギノアカネトラカミキリは、春先から夏にかけて枯れた木の枝に産卵し、孵化した幼虫は幹を目指して枯れ枝内を掘り進みます。幹に達すると枯れ枝の付け根を中心に樹皮に近い部分を食べます。成虫になったら枝の中で越冬し、春になったら枝から飛び立ち、また違う枯れ枝へ産卵します。

​つまり、人の手が入らず枝打ちされていない森林は、スギノアカネトラカミキリにとって、好ましい環境と言えます。

BokuMokuを使って森を守ろう

今、熊野の森林は適齢期を迎えたたくさんの木が伐採されず、林業従事者の手が入らず放置されることで山の少子高齢化が進み、荒廃し、緑の循環が非常に悪くなっています。木材を積極的に使用し、BokuMoku(素朴な木)を利用することは、森林の循環を促し再生させ、環境保護に貢献することに繋がります。